仕様の特徴

 

 

加藤建築では①②の長岡の次世代省エネ基準の販売はしていません。家の中で快適に遊んだり楽しむことができないからです。

 

上図は長岡の次世代省エネ基準に達成した家にプラスエナジーハウスを計画すると大きなソーラパネルになりますという計算です、屋根の上に乗らなくなり家を大きくし屋根を大きくすると乗る事ができますが、またエネルギーが必要となり矛盾が続きます。よって加藤建築では太陽光発電よりも断熱材、窓の性能、省エネが重要だと考えています。

③チャコの家LEVEL1  Q値1.4~

④チャコの家LEVEL2  Q値1.0~

➄チャコの家LEVEL2  Q値0.8~

⑥プラスエナジーハウス×チャコの家LEVEL3   Q値0.8~0.67+太陽熱温水器

それぞれの建築資材は変わっていきます。

それでは、ラインナップの紹介を致します。

 

 

 

 

 

モアザン エボリューション